琵琶湖といえばウィードです。

そして、8月なんかの真夏の時期が最もウィードが形成されている時期。

 

カナダモ、オオカナダモなどなど。

いろんな種類のウィードが形成されていて、質のいいウィードだったり、トロロ藻みたいにルアーを引っ張りづらいウィードもあります。

 

そして、琵琶湖で釣りをしているときに質のいいウィードを見つけたらぜひとも導入していきたいマグナムクランク。

 

もはや琵琶湖の釣りでは1つの釣り方のジャンルとして認知された釣りの1つ。

規格外のデカいクランクをガンガン巻いてウィードに突っ込ませてバイト。

 

非常に効率的で、デカバスを狙うには適した釣り方です。

そんなマグナムクランク。

 

当サイトがおすすめする琵琶湖で使いたいマグナムクランクを3つ選びました。

イヴォーク4.0

キムケンさんがプロデュースしたマグナムクランクです。

このマグナムクランクの特徴の1つは、

とにかく巻きやすい!

 

巻きやすいといってもマグナムクランクのなかでは。です。

マグナムクランクって、巻き抵抗が半端ないクランクです。

 

そして、ちょっと投げただけじゃ釣果が出づらいジャンルの1つだからこそ、しっかり投げ込みたいもの。

 

イヴォーク4.0は、1日投げ切ることできる巻き抵抗なので、アングラーが体力的にしんどくなることは少ないです。

 

まずはマグナムクランクで1匹釣りたい。

そういった人におすすめしたいマグナムクランクです。

ショットストーミーマグナム

ノリーズのルアーが好き。

ただそれだけの理由ですw

 

だけどそれはノリーズのルアーが優秀だから。

それはマグナムクランクも同じこと。

 

見た目、ネーミング。

すべてが好きなんだけど、僕がこのマグナムクランクを使う理由。

 

それは、

浮上の高さ。

 

そして、動きがロール系ということで食わせの能力が高い。

つまり、マグナムクランクというサイズ感からくる集魚能力とロール系のアクションからくる食わせ能力。

 

管理人が一番好きなマグナムクランクです。

まとめ

現時点でおすすめできるマグナムクランクはこの2つ。

SKTマグナムとかありますが、僕ら体力に自信のない釣り人にはしんどい。

 

投げ切ることができるマグナムクランク。

それを基準に選んでいけば問題ないかと。

 

もちろんタックルもローギアを選んだり、パワーハンドルにしてみたりすることも検討しておきたいところです。

Source: 琵琶湖バス釣りルアー研究所【2019年版】
琵琶湖で使いたいマグナムクランクおすすめ2選